未分類

もっと楽しくやろうとセフレは言った

その後、彼はセフレに連れて行かれ、男はすぐにズボンを脱いでカーテンを押し下げました。
彼は言った、「セフレがこれをしたら、私は腹を立てるでしょう」と彼は言った。 「ベロは私にキスをし、しばらくして気分が悪くなったが、その男は突然葵の顔を見始めた。そして彼の耳から、「もっと楽しくやろう」と私は言った。ズボンの中で」

結婚相手がいてもセフレは欲しくなる?

「うわー、それはセフレより汚れている、それは精子の匂いがしていませんか?」そして彼の手の匂いを嗅いでいます、「まあ、それは精子だと思います!」笑

その後、股間を広げるように言われ、それが言われたら、彼女はコ○マの中に指を入れられて、それは掻き集めるために手の有人だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です