未分類

セフレの指を舐めましょう

セフレしながらKの指を舐めましょう!うーん? Kの指を不思議に思って、なめる!

K:これは何ですか? ♪笑

Kはぬるぬるした指でセフレ激しく触る!

ラン「アン♪ねえ、これ以上!!」

セフレに情が湧いて、別れられない人。

 

私は小さな声でアピールしますが、嫌いなほど嫌いなほど動きが速くなり、気分が悪くなります!

セフレ「少し…私はそんなに引き締めていない!」
蘭「くっ…だって…

セフレの指の動きが向こうで遅くなると感じたら、わざと引き締めてみることにしました!

「質問♪((ー ̄)ノ」

写真を見る

ストーリー日記の更新が遅くなってすみません! (いいえ_ <。)

楽しみにしていた皆さんに感謝します♪(*´ω` *)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です