未分類

すばらしい足音をたてるセフレ

首をばらまいているマサタカは、マキコのペースで飲み続ける。

セフレのすばらしい足音。

胸の谷とブラジャーは、曲がったセフレカーディガンの胸から見えます。

これに先立って、セフレのスカートのボタンは一番上にしか残っていなかった。

セフレ関係に疑問を持つ人へ

セフレは無意識の意識でセフレの太ももに手を伸ばした。

“ああ、何が間違っているの?”

私は嫌いではなかった、驚くほど風が聞こえなかったマキコ。

「ああ、すみません…」

マサコはすぐに私に戻ったが、マキコはマサタカの手首をつかんで、太ももに光沢のある笑顔で誘った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です