未分類

セフレのコロッケが大好きでした

セフレと会話しながら食べましょう。
幸せか悲しいとき

今日はおかずを息子に届けました。よく食べて、味が濃いので、手軽な家庭料理に不満があります。

いつかきて、いつ出ていくのか、セフレ存在が消えるのか、きっと思い出すでしょう。

それが食べ物がかけがえのない理由です。

祖母のコロッケが大好きでした。

セフレ、味噌太郎はあまり好きではありませんでしたが、ストーブの上では美味しかったです。今はストーブすら使わない

料理が好きな祖母が毎日料理してくれました。
明らかなことは非常に重要な記憶です。
” 映画 ”
見に行きました。少し古い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です