未分類

セフレに彼女は手紙を書くように言われた

夢の中に登場しました。

最初に表示される
セフレが亡くなる約1年前
私がまだ生きている夢の中で
彼女は手紙を書くように言われた
思う。

それから彼女の死の夜に
祖母が枕の横に出てきました
一部の叔母はまだ生きています
セフレ

当時は陽気でした
彼女の祖母も私を嫌っています
彼女は嫌いな花嫁の娘なので、多分
彼女はそれを嫌っていたと思います。

セフレを嗅ぐおばあちゃんは許せない
彼女はそれを聞きたくなかった
会社を卒業してからあまり食べていません
顔も良くなかった。

そういうわけで
あなたが死ぬとき、故人を責めないでください
できないかもしれません

さわやかだったはず
彼女が亡くなってから祖母の呪いは消えた
彼女の父親も少し変わった

彼が死んだ後
私は夢を見に来ました

今日の49日前に亡くなりました
私の叔父でさえ夢を見ています
登場してからなんとなく疲れました
そこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です