佐世保

彼女が微笑んだ佐世保のママ活

そんな言葉を交わすと、景色が色づきました。海の青からネオンの虹まで

ゴミだらけの路地裏を通り抜け、野良猫を通り抜け、刑務所のようにドアを開けて中に入っていく

長崎・佐世保でママ活できそうな女性 〜諫早・島原でもママ活にチャレンジ

派手なメイクアップドラッグクイーンが頬にキスをし、「おかえりなさい」とささやく佐世保のママ活

奥の部屋に女の子がいた

彼女は氷のような目で私を睨みつけ、それから彼の隣で彼を抱きしめた

彼女は「誰?」と尋ねます。

佐世保のママ活私の声で人を殺すことができると思います

「あなたには関係ありません」と彼はさりげなく答え、私に微笑んだ。

ここでブラックアウト

私が目を覚ましたとき、女王は私の顔を見て、「おはよう」と言いました。

彼は彼の隣で寝ていました、彼の隣には女の子がいました、私の手は彼によって握られました、そして彼の腕は女の子の細い腕と絡み合っていました。

少女は最初に目が覚めました、そして彼女の目の光はまだ私を殺すのに十分鋭いです、そして彼女は彼女の舌を振って彼女から目をそらし、彼の体と彼女の唇を振った。影を落とす

何が起こったのか考えて、私も彼の唇に行きました佐世保のママ活

彼は女の子が考えられなかった豊かで下品なショットで彼を殴った。

“おはようございます”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です