佐世保

佐世保セフレと同じ月を見ていた

というのは
私は佐世保セフレをとても恐ろしいものにした

しかしながら
それだけですが、

運命の糸で包まれている
佐世保セフレできないこと
長い間

望ましくない暗い部分を越えて
月が震えて笑っていた

無数の人々
私は同じ月を見て生きていた

夜の太陽を解いてください
私の汚れた心

あなたが今笑うなら
それを変更してください。

可能であれば
あなたは永遠に輝きます

白く輝く言葉はない
まさに私を哀れみのように
私の願いは遠い
それはどこにもない

そんなことを考えて
月の歌

ノスタルジックな曲

私は佐世保セフレが心のようだと思う
ライフライン

悲しい歌が喜びです
今のところ明るい歌

ただそれは痛い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です